おうち時間で、偏愛マップを作ろう

新型コロナウイルス流行の影響で、外出自粛を余儀なくされている昨今。
GWも始まったしお出かけしたい!と思っても、叶わないのが現状です。

最近はテレビやSNSなどいたるところで、自宅で過ごす時間を充実させるためのライフハックが話題になっています。
各個人でも、本を読んだり、YouTubeを観たり、どうぶつの森をやったりと(全部自分のことですが……笑)外出自粛中のおうち時間をそれぞれ楽しんでいることかと思います。

今回は、そんなおうち時間におすすめの本をご紹介します。

斎藤孝『偏愛マップ キラいな人がいなくなるコミュニケーション・メソッド』

ご紹介するのは、斎藤孝『偏愛マップ キラいな人がいなくなるコミュニケーション・メソッド』という本。
2004年にNTT出版から発行されています。

作者の斎藤孝さんは、教育学やコミュニケーション論を専門とし、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」の総合指導もされている方です。

偏愛マップとは?


偏愛とは、読んで字のごとく、「偏って愛する」ことを言います。
それを、一枚の紙に書き込んだものが、偏愛マップです。

「ちょっと好きなものマップ」とは違う、と著者の齋藤さんは言います。
自分がホントに好きなものは何か?という問いをポジティブに自分に発してみよう、というのがこのマップのねらい。

共通する趣味を持つ者同士で話題が盛り上がった経験は誰しもあるのではないかと思います。
偏愛マップは、そんな各個人の偏愛をさらけ出し、会話の糸口にするためのコミュニケーション・メソッドなのです。

偏愛マップで自分と向き合ってみる

家にいる時間が長い今、偏愛マップを通して自分自身と向き合ってみるのはいかがでしょうか。

好きなものを書き出すのは楽しいし、ストレス発散にもなります。
紙に書いてみると、「自分はこんなものが好きだったのか」と気づきを得られたり、好きなものに思いを馳せて「世の中が落ち着いたらこれをやろう」と未来への希望が生まれるかもしれません。

周りの人の偏愛を知ってみる

  • 家族など、身近な人と偏愛マップ
    一緒にいることが多いわりに、意外と知らない家族のこと。
    家にいる機会が多い今の時期だからこそ、家族など身近な人で偏愛マップを見せ合えば、意外な発見があったり、より仲が深まったりするのではないでしょうか。

  • オンラインで繋がっている人たちと偏愛マップ
    オンライン飲み会やオフ会などの場で、偏愛マップを作って見せ合うのも一つの方法。
    画面でのやり取りなので見えづらいという欠点はあるかもしれませんが、なかなか会えない人たちと偏愛で繋がり合うのも楽しそうです。

偏愛マップの具体的なやり方は、ぜひ本を手に取ってご確認ください。
実際に書かれた偏愛マップの例も見ることができます。

もっと楽しく、幸せに、私らしい恋愛をしよう❁

私は子どもの頃から人見知りで
人と話すのが苦手でした。

 

当然恋愛も上手くいかず、
好きになった人に話しかけられない日々。

 

恋人も全くできなくて
「このまま一生独りかも」と
絶望していました。

 

大学時代にやっと彼氏ができたものの
遊ばれて短期間で振られて大ショック。

けど、その経験がきっかけとなり
見た目を整えることを意識するようになり
おしゃれが大好きになりました。

 

その後付き合った彼氏とは
結婚の話が出たものの、
同棲目前で破局。

 

人生に絶望しかけましたが、
そこからさらに脳科学や心理学の本を読み漁り、
幸せな恋愛を手に入れるための思考を学びました。

 

現在は溺愛してくれている最高のパートナーと一緒に暮らす幸せな日々を送っています。

 

このブログでは

・不幸せな恋愛から抜け出して、自分史上最高に幸せな恋愛をするための方法
・人見知りでも上手くいく恋愛のコツ
・自分嫌いな人が、自分を変えて好きになるためのロードマップ

などについて発信しています。

 

無料メルマガ配信中!
メルマガでは幸せな恋愛をするために必要なマインドや、ここだけのヒントを配信しています。

ご登録はこちらから❁

 

コメントを残す